ツーショットダイヤルのマナーと女性の特徴

ツーショットダイヤルは昔に比べると圧倒的に、女性の利用者が増えました。
さて、そんな増えつつあるツーショットダイヤルの女性利用者ですが、一体どんな人たちが利用しているのでしょうか。

ツーショットダイヤルを利用する女性たちの特徴

まず、一番は何といっても暇を持て余している人たちが多いですね。
なので、基本的にはツーショットダイヤルを利用している女性は自分の話をしたがる女性が多いです。
プライベートの愚痴や、何でもない日常の話など、自分のしたい話をため込んでいるような子が多いので、基本的に会話の主導になりたがる子が多いです。
また、暇を持て余している分退屈していたり不満を持っているという人が多いですね、なので基本的には会話が盛り上がらない相手とはすぐに打ち切りたがるような子が多いです。
なので、ある程度は会話を盛り上げられるだけのトーク技術がないとあまり間が持たなかったりしますね。
そして、これがある意味最大の特徴なのですが割とツーショットダイヤルにいる女性は構ってちゃんが多いです。
なので、相手の言葉に否定的な意見を言うとそれで期限を損ねてしまう場合がありますので要注意ですね。

ツーショットダイヤルを利用する際のマナー

これに関してはまずは基本的な人間関係と同じようなものなのでそれほど難しいことではありません。
まずはとにかく初めての相手とは必ず挨拶をすることです。
ツーショットダイヤルは有料なので、男性は早くテレセックスなどに入りたいでしょうが、この自己紹介と挨拶ができない人はいきなり電話を切られても文句が言えませんので注意しましょう。
ただ、あまりにも堅苦しくなりすぎるとかえって相手が委縮してしまいますので、適度にフランクな感じですると好感触になるでしょう。
ただ、いきなりタメ口を利くのは人によっては印象を悪くする場合がありますので、砕けていてもいいから最初は敬語をちゃんと使って話しましょう。
ある程度打ち解けてきたら、お互いにそろそろ敬語やめようかなんて感じで提案してから話し方を崩していくと、親密な関係を築いているというような印象を与えることができるでしょう。

まとめ

基本的には、ツーショットダイヤルというのは相手は風俗などのキャストと違い素人ですからね。
男性側の話を一方的に聞いてあげるようなサービスをしてあげる必要は全くないわけです。
なので、男性側もそれを勘違いして自分のしたいこと話したいことを一方的にしないように気をつけましょう。