テレクラから見るツーショットダイヤルの歴史変遷

今や、ツーショットダイヤルとして形をなしているアダルト通信娯楽ですが、その成り立ちの歴史を辿るとツーショットダイヤルのプロトタイプはテレクラだということがわかります。
テレクラ、と言うと最近の若い人はあまりピンと来ないかもしれませんが、20代後半ならば一時気は結構有名になったものなので聞き覚えくらいはあるのではないでしょうか。

テレクラから続くツーショットダイヤルの歴史

そもそも、テレクラという言葉ができたのは一体いつごろなのか知っているでしょうか。
答えはかなり歴史が古く、実は一番最初のテレクラができたのは1985年何です。
まだ元号が平成に変わる前と、かなり昔のことです。
まだ携帯電話が普及する前のことで自宅の電話を使うというのが形式となっていました。
おもに、テレクラの情報はアダルト雑誌やポケットティッシュ、公衆電話の広告などで手に入れることができましたね。
この時代、結構街を歩いていると夜なんかテレクラの広告付きポケットティッシュをもらったことがある人もいるのではないでしょうか。
しかし、当時は早取り方式という早いもの勝ちのモノで非常に使いづらいモノとなっていたんですね。
入店時間が早い男性のほうが有利になってしまうため、電話を取ることができない人はなかなかトークをできないという人もいました。

ツーショットダイヤルへ移行してからの緩和

しかし、昨今では携帯電話での利用が可能になったおかげで男性側も自分の携帯電話でテレクラを楽しむことができるようになりました。
さらにコールも早取り式ではなくなり、個別になったおかげで早い物勝ち勝負をせずに確実につながることができるようになったおかげで、非常に使いやすくなったんですね。
自分の持っているスマホを登録すればお手元のスマホで利用することができますし、そこでSNSの無料通話アプリのIDを交換すれば、そのままそちらに移行して無料の音声通話を楽しむことができるのです。
昔は料金を気にしてできるだけ短時間で利用するというのが定石でしたが、今は手早く連絡先を交換するためだけに使い後は無料でじっくりと、という風にするのが主軸になってきていますので、気持ちに余裕をもって遊ぶことができるのです。

まとめ

ツーショットダイヤルは、今は激動のインターネットアダルトコンテンツの時代の中でも特に大きく正当な進化を遂げているコンテンツだと言えます。
出会い系よりもコンパクトかつお手ごろにセックスの相手探しに利用できるのが強みですね。