すぐにヤれるのはツーショットダイヤルになったからこそ

ツーショットダイヤルが今の形になるまで非常に大きくその形をかえてきました。
元をたどれば、その歴史はテレクラから始まったと言えるでしょう。

テレクラからツーショットダイヤルに変わる歴史

テレクラは元々、電話機を置いた個室タイプの店舗型の物から始まりました。
女性側からかかってくる電話回線を個室で早取りシステムで男性が受け取るというものになっていました。
更に、そこから女性の電話代がサービスフリーダイヤルに変わり、より女性利用者が増えたことでテレクラは爆発的に広まっていました。
そして、90年代にはイエデンテレクラと呼ばれ店舗型から自宅の電話で利用することができるツーショットダイヤルの形に近いテレクラができ始めたんです。
そしてそれから、10年近く下火になる時期が続き届け出制などに変わったことでどんどん客離れが加速していきました。
しかし、ツーショットダイヤルがこのころから台頭し始め女性のプロフィール確認などが必須になり、サクラが減ってきました。
それから、SNSなどを用いた連携とスマホ普及に伴いスマホ機能への対応でツーショットダイヤルが再び盛り返すというような流れになっています。

スマホを使ったツーショットダイヤル

店舗電話から固定電話、携帯電話、スマホと時代ごとにそのおもとなるツールを変えることで生き残ってきたツーショットダイヤルですが、今は特に非常に使うのがお手頃です。
携帯電話の電話番号だけで登録することができるし、クレジットカードでの前払い制でポイント課金をしてからの利用になっているので、使い過ぎで破産してしまうなんて言う心配もありません。
そして、何より今はスマホで利用できることが女性にウケており女性会員が非常に増えているんですね。
最近では、アダルト雑誌だけではなく女性雑誌などにもこういったツーショットダイヤルの宣伝広告をしていることが増えているので、より女性用の会員確保を進めているんです。
だからこそ、男性側も女性の競争率が減ってきておりツーショットダイヤルを使えば簡単に知りあうことができるという状況が出来上がっているわけです。

まとめ

ツーショットダイヤルのいいところは手元に電話があればすぐに電話をかけてすぐにつながることができるところですね。
リアルタイムでつながる相手とすぐに連絡を取ることができますので、待ち合わせ約束などもしやすくその日にすぐにセックスの相手に出会いたいという人には特に向いているコンテンツです。